クィア・ミュージックの情報アーカイブ


Queer Musicians -Japanese-

Fiction Mitz

Fiction Mitz

ジャンル:ポップ

6月のタイムマシン

関連リンク


バイオグラフィー

掲載日:2005年2月5日、最終更新日:2005年2月5日

1974年3月7日生まれ。神奈川県出身。

ソロ・アーティストとして活動を開始したのは1998年。横浜を拠点に、関内のライブ・ハウス、CLUB24YOKOHAMA で4本の対バン・ライブに出演。さらに翌年には、引き続き CLUB24YOKOHAMA での対バン・ライブに4本出演した他に、目黒 LIVE STATION や YOKOHAMA B.B.STREET などのライブ・ハウスにも出演。11月25日に開催された J-WAVE DoCoMo MAGIC i-LAND SPECIAL EVENT「インディーズ・フェスティバル」にも参加している。

翌2000年は、東京レズビアン&ゲイ・パレードの開催に伴い、東京のゲイ・コミュニティの盛り上がりがピークを見せていた時期で、多くのゲイ・ミュージシャンたちが、進んでゲイ・コミュニティを自分たちの音楽表現の場とするようになった。5月1日には、新宿二丁目のクラブ、ACE を会場にして、ゲイ&レズビアンのインディーズ・ミュージシャンたちによるライブ・イベント、PRIDE GIG X が開催。8月5日には、四谷フォーバレーで GAY AND LESBIAN MUSIC FESTIVAL 2000が、10月26日には新宿 ACE で PRIDE GIG X2 が開催。Fiction Mitz も、これらのゲイ&レズビアン・ミュージック・イベントに出演し、ゲイ・コミュニティを中心にライブ活動をおこなうようになる。ヴィジュアル系ともドラァグ・クイーンともつかない、ジェンダーに拠るカテゴライズを受けつけない華美な衣装と、頽廃や破滅をテーマにした性別不在のスロー~ミドル・テンポのダークな楽曲は、個性派ぞろいのクィア・アーティストたちの中にあっても一際異彩を放っていた。

2001年に入ってからも、Fiction Mitz は3月8日の PRIDE GIG X3(新宿 ACE)、5月9日の TREASURE HUNT(新宿 HEAD POWER)、7月8日の PRIDE ACT1(新宿 ACE)、8月25日の東京レズビアン&ゲイパレード2001前日祭 GLORY(東京・代々木公園イベント広場)などのゲイ&レズビアン・ミュージック・イベントに出演。ゲイ・コミュニティの音楽イベントには欠かせないアーティストとして、ゲイ・インディーズ・シーンそのものの形成に大きく貢献した。

2002年には、3月30日開催の第2回 Ball de Musa に出演。Fiction Mitz 固有のダークな世界観が凝集されたステージを繰り広げたが、これ以降はアーティストとしては長い沈黙を続けている。2003年9月27日に開催予定だった第10回 Ball De Musa には Fiction Mitz の出演も予定されていたのだが、開催が11月に延期されたために、Fiction Mitz の出演はキャンセルとなり、幻のステージとなってしまった。一刻も早い復活が待たれるアーティストのひとりである。

これまでにリリースされている音源は、1999年9月1日に YOURFACTORY RECORDS から発売されたシングル・カセット「今どきの女の子」と、同曲も収録されているアルバム『6月のタイムマシン』(2000年5月25日発売)がある。

(文中敬称略)


関連記事

Disc Review
Fiction Mitz/6月のタイムマシン
Live Review
第2回 Ball de Musa
東京レズビアン&ゲイパレード2001前日祭 GLORY 第1部 GAY & LESBIAN MUSIC FESTIVAL 2001
PRIDE ACT1


inserted by FC2 system